雑誌に自分の名前が載るなんて!

つぶやくと何かが変わる!? かも知れない

建築業界が長いわりに、資格も何も取らず。
係った仕事はHOUGING(月刊ハウジング)に何度も載ったものの、 自分の名前が出ることはなく。まあ、会社員はそんなもんだと。

工房彩家として独立してからは、インテリアが掲載されている雑誌以外の建築雑誌はほぼ購読しない日々を過ごす。

そして、木工業界で もがくこと6年目だったか?
「空間やりたいねんな~」と、ふとつぶやいてから何かが変わり出した気がする。

思いおこすと、学生時代まで遡るか?

店舗設計に憧れを抱き、店舗設計事務所に就職希望するもかなわず、私の夢は時代のバブル崩壊とともに崩壊。
多分ね、想いが足りなかったんだろうね、学生気分のふわふわした私には。
でも、きっとそん時から「空間やりたい」って夢は続いてたんだろうな。

具体的に想いを描く

ふわふわしてるのは、今も変わんないと思うけど。笑
半世紀生きてきた中で、特に独立してからは『具体的に想いを描く』ことを学んだ気がする。

『奈良すまい図鑑』奈良で注文住宅を建てる-2021-に名前が載りました~っ!!

はっきり言って、この写真では見えない!
『奈良すまい図鑑 奈良で注文住宅を建てる-2021-』のP.255を見てね。

前置き長かったけど、今日は、これが言いたかったんです。
家具職人の名前が建築雑誌に載りました!
正式には、インテリアコ-ディネ-タ-で・・・ですが。


家具造った人が、建築雑誌に名前を紹介していただけることは、なかなかないことかと思いまして。

喜創さん、ありがとう! 編集さん、ありがとう!

㈱喜創という工務店との縁をくれた友人が、この雑誌をプレゼントしてくれました。
喜創さんが掲載されるのは知ってたけど、ちゃんと見れてなくって、やっと今日ちゃんと見れて、
えええ~っ!! て、ぶったまげてしまいましたよ。
まさか自分の名前が掲載されてるなんて!!

ええんかいな?

小さい文字でも、自分の名前が載ってしまった! という焦りや喜びや恥ずかしさが同時に私を襲いました。
業界変わったと思ってたのに、なぜか建築業界に係わってる自分にあらためて驚き、
なんだかわかんないけど、えらいこっちゃっ! って感じてます。

こんな私ですが、「今年も空間がやりたい」って、強く、欲張りに想ってます。

そして、工房彩家は今年も変わらず「家具、つくります。」

2021年 明けましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い致します。

12月、GoTo Travel の恩恵に与る。
かつてから訪れることを夢見ていた、宮崎県 高千穂峡。
自然の織り成す神秘的な表情が、ワタシの身体の中の黒い部分を清めてくれた。

2020年、新しい仲間と新しいことに挑戦する。
いやだ、苦手だ、と言うことも、仲間が支えてくれたおかげで成すことができた。
そして、気づく。
自分には、こんなに力があったのだと。

この ちょっとかっこいい写真は、めり(平野)さん撮影。

今まで自分を客観的に見ることはあっても、「人と比べて自分の力がどうか?」 とか「人が自分に求める可能性は何なのか?」とか、人と比べて自分のことを見つめることをして来なかった。

何かを成し遂げる時、高め合う仲間と共に時間を共有する時。
自分の本当の力を知ることができるのだと、知らされた。
私にとって大きな成長なる一年でした。

2021年、まだまだ落ち着かない世の中が続くでしょう。
その世の中でまた、新しい仲間と新しいことに挑戦し、更なる成長をえること。
これが、彩家の今年の目標。

風の流れるまま、我が感じるまま。
今を生きることに集中して行こう。

鹿児島県 桜島にて叫ぶ。ってか、吠える。笑

本年もよろしく。
皆様のご健康をお祈り申しあげます。
               元旦

工房彩家
工房主 hikaru

「新型コロナウィルスに関するお客様へのお知らせ」

皆様、いかがお過ごしでしょうか。
平素は工房彩家をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。
この度、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けまして、当面の間、工房彩家では以下のように、ご相談対応をさせていただく旨、ご報告申し上げます。

“「新型コロナウィルスに関するお客様へのお知らせ」” の続きを読む

年末年始の営業予定

● 仕事納め・・・工房-12/27(水) 外-12/28(木)
● 仕事初め・・・1/10(水)

※休み中でも、お電話お待ちしております。
 ご用の方はなんなりとご連絡ください。
 ただ、酔っぱらってるか、電話に気づかない場合があります。
 あしからず。
※ネット受注、Creemaは撤退終了しました。

本年も彩家を見守ってくださって
ありがとうございます。
皆様が健やかなる新年をお迎えされること、
心からお祈り申しあげます。